レディースローンを利用したキッカケのお話

私は生まれてすぐに体調を崩し両親には入院費用ばかりを払わせていました。会社を辞めるキッカケになったのも自分の持病のせいでしたが、両親は時に厳しく時に優しく一人娘の私を一生懸命育ててくれました。
しかし私の持病である喘息の原因は実家のある都会の環境によるものだということがわかり、私は単身田舎暮らしをすることに決めたのです。


<自分で生きるための投資として利用>

喘息自体が全ての原因という訳ではありませんが私は同時に鬱も患い1年程実家の部屋で仕事もせず引きこもりをしていました。親と会話はしますが何を話しているのか内容は全く覚えておらず今思えば何故あの部屋に閉じこもって泣いていたのかあまりわかりません。レディースローンを利用しようと思ったキッカケはあるホームページでした。女性専用で女性に優しく金利も安いと書いてあり即日審査可能とも書いてあったのです。私は自分の生活を変えるためにレディースローンを利用しようと思いました。


<レディースローンで自分を支える資金作り>

一人暮らしを始める資金として最初に必要なのは40万円以上と言われています。敷金礼金などアパートに入る際に必要なお金から生活に絶対必要な家電や3ヶ月分の公共料金代など色々合わせると40万円でギリギリとなってしまうのです。

レディースローンを組むと言うと最初は両親に大反対されましたが、私はアルバイトをしつつ田舎で療養しながら健康な暮らしをしたいのだと言うと賛成してくれました。自分の新しい毎日を作るためにレディースローンは一役買ってくれたのです。