レディースローンで変化した私の人生について

私が即日審査のレディースローンで借り入れを行う際に感じたことはあらかじめきちんと計画を立てておかないと後から自分が苦しむということでした。仕事を辞めた時も何も考えずただ逃げるように辞めてしまったということもありましたが、その後の自分はとても無気力で何をする力もなくそのまま自分の部屋に追い込まれていったのです。
今回はローンを組む際に考えておくべきことについて私の体験を元にご紹介致します。


<レディースローンを利用する前の計画書作成>

レディースローンの審査を申し込む前に必ず考えて欲しいのはローンを借りた後の管理・運用方法です。私は最初時給も少なく週4日だけアルバイトをするという形をとったため月の収入が少なくあまり多く返済に充てることは出来ませんでした。そこで月の返済額を一定かつ少額にする返済方法を選択したのです。月の返済額を少なくすると借入期間が延びて利息も増えますが生活出来なくなってしまうよりマシですし、フルタイムで働けるようになってから支払額を変更して多めに返済するように出来るものを選んだのでずっと返済生活が続くということもありません。


<必ず・絶対はあまり意識しないこと>

鬱になってしまう大半の方がとても真面目であったり完璧主義者であったりします。人間は多種多様で様々な性格の方がいて環境も一つとして全く同じものはないのにも関わらず、真面目に取り組むことで全てを完璧に整えようとしたり人間関係をより円滑にしようとしたりと、自分ではなく人のために生きているような行動をとってしまうのです。
真面目で責任感が強いということはとても大切なことで誰にでもある要素ではないのでそれ自体を消す必要はありません。要するに臨機応変ですね。
私がレディースローンの返済をその時の収入に合わせて変更しようと考えたのも、臨機応変かつ柔軟に対応することがお金に対しても人間に対しても大事なのだと気付いたからです。鬱になった方は白黒ハッキリつけたいと感じグレーゾーンを嫌う傾向にありますが、世界の全てを白と黒に分けることは出来ません。世の中には数えきれない程の色がありその色を生かす色もその逆になる色もあります。そんな中で自分の性格をそのままに無理矢理白や黒の型枠にはめようとすると自分に無理が生じ亀裂が入ってしまうのです。

私は即日審査のレディースローンを利用して田舎に来た時感じたことは、私が見ていない世界を見るためには私が変化しなければならないのだということでした。ずっと同じ場所にいては同じ景色しか見ることは出来ません。たまには目線を変えて別の方向を見てみるということも大切なのです。