専業主婦はいかにしてレディースローンを通過すればいいのか

働いておらず、収入を得ていない専業主婦でも利用できるレディースローン。
しかし、だからといって無条件で利用できるわけでもありません。
お金を借りるからには、審査に通過しなければならないのですよ。
では、働いていない専業主婦はどのようにして通ればいいのでしょうか?


レディースローンは配偶者貸付になる

正直、専業主婦の方ができることは少ないです。
というのも、キャッシングというものは一般的に勤続状況によってその利用が左右されるからです。
つまり、年収や職業、勤続年数などで利用できるかどうかが決まってくるのです。
これは夫側の問題であり、主婦側がどうにかできるものではありません。
レディースローンを利用する妻側ができることといえば、勤続状況に関して嘘の記載をしないということくらいですので、そこには十分気をつけておきましょう。


キャッシング履歴や借り入れ件数も見られている

しかし、過去に返済の延滞や停止がなかったか、同時に複数のところからキャッシングを行っていないかなどは妻側にも責任があります。
もしいくつかのレディースローンに申し込んでいるのであれば、新規で申し込みを行っているところには落ちてしまうかもしれません。
借り入れ件数が多すぎる場合、特に4件以上ある場合は先に減らしてから申し込みを行っておきましょう。
また、期限までに返せなかったり債務整理を行っていた場合も審査に落ちる可能性が高くなるので気をつけてください。
専業主婦のキャッシングは、夫の収入をもとにおこなわれているので、主婦側がしっかりしていないと夫にも家計にも迷惑をかけてしまうので本当に慎重に行ってくださいね。

Sticked

生活にゆとりを持つためにレディースローンを利用する

お金がないと人間は心にも余裕がなくなってしまう生き物です。他の生物と違いたった一人裸一貫で生きるということが出来ず何かを利用するイコール人の手を借りるということに繋がる社会を生み出したため、お金がないと何も出来ずにただ時間だけが過ぎてしまうからです。


<お金を使うと生まれる、相反する気持ちとは>

目の前のものを自分のものにするため紙幣と交換するという行為がものを買うということですが、自分のお金を使って手に入れたものに対する優越感とお金がなくなったという悲壮感が心に現れます。しかしその悲壮感は実はいらないものなのです。お金はその価値と同等のものに交換されただけなのでお金自体が消滅してしまったという訳ではありません。むしろ普段の仕事で目に見えない自分の労力を目に見えるお金に変化させているということが何より素晴らしいことなのです。


<レディースローンで自分のお金を作り出す>

自分の手元にお金を残すということは必要なものと交換してそばに置くということにもなります。目に見えない労力をお金にして必要なものを得るという人間にしか出来ない技を使うのはとても有意義で人として理想的な生き方になります。即日審査のレディースローンは未来のお金を先に手に入れて自分に投資するという金融商品です。

レディースローンをうまく利用してより多くのお金を手元に自分の生活をより豊かなものにしましょう。

レディースローンの契約時に必要なものについて

レディースローンは即日審査で即日融資が可能だということでとても人気な金融商品で、かくいう私も一人暮らしの際に初期費用として利用させて頂きました。そこで今回はそんなレディースローンの申込みの際に必要な書類についてお話致します。


<基本的に自分が証明出来れば大丈夫です>

金融商品を利用するとなると多くの書類が必要なのではないかと考える方が沢山いらっしゃいますが基本的には自分を証明出来る書類が一つあれば充分なのです。私も運転免許証を提示するだけで申込みをすることが出来ました。ですがそれは指定の金額以下の融資額だった場合の話で、もしその金額以上の融資額を申し込みたい場合にはその他に収入証明書も必要になります。
私は一人暮らしの運用資金として多めに60万円借入をしましたがそのレディースローンは300万円以下であれば収入証明書はいらないという場所だったので免許証だけで済んだのです。


<レディースローンで生活を良いものに変化させる>

自分を証明出来る書類としては免許証の他にパスポートも利用出来ます。証明書としては顔写真が入ったものが必要となっているため保険証など文字だけの書類は身分証明書として登録出来ないので注意して下さい。パスポートも免許証もないという場合には区役所や市役所で発行してもらえる住民登録カードを利用することも出来ますので一度役所に問い合わせをしてみましょう。

必要な書類を用意したらインターネットでも簡単に申込みが出来るためローンを利用するまであと一歩です。しっかり準備してローンを使えるように審査に挑みましょう。

Sticked

レディースローンで変化した私の人生について

私が即日審査のレディースローンで借り入れを行う際に感じたことはあらかじめきちんと計画を立てておかないと後から自分が苦しむということでした。仕事を辞めた時も何も考えずただ逃げるように辞めてしまったということもありましたが、その後の自分はとても無気力で何をする力もなくそのまま自分の部屋に追い込まれていったのです。
今回はローンを組む際に考えておくべきことについて私の体験を元にご紹介致します。


<レディースローンを利用する前の計画書作成>

レディースローンの審査を申し込む前に必ず考えて欲しいのはローンを借りた後の管理・運用方法です。私は最初時給も少なく週4日だけアルバイトをするという形をとったため月の収入が少なくあまり多く返済に充てることは出来ませんでした。そこで月の返済額を一定かつ少額にする返済方法を選択したのです。月の返済額を少なくすると借入期間が延びて利息も増えますが生活出来なくなってしまうよりマシですし、フルタイムで働けるようになってから支払額を変更して多めに返済するように出来るものを選んだのでずっと返済生活が続くということもありません。


<必ず・絶対はあまり意識しないこと>

鬱になってしまう大半の方がとても真面目であったり完璧主義者であったりします。人間は多種多様で様々な性格の方がいて環境も一つとして全く同じものはないのにも関わらず、真面目に取り組むことで全てを完璧に整えようとしたり人間関係をより円滑にしようとしたりと、自分ではなく人のために生きているような行動をとってしまうのです。
真面目で責任感が強いということはとても大切なことで誰にでもある要素ではないのでそれ自体を消す必要はありません。要するに臨機応変ですね。
私がレディースローンの返済をその時の収入に合わせて変更しようと考えたのも、臨機応変かつ柔軟に対応することがお金に対しても人間に対しても大事なのだと気付いたからです。鬱になった方は白黒ハッキリつけたいと感じグレーゾーンを嫌う傾向にありますが、世界の全てを白と黒に分けることは出来ません。世の中には数えきれない程の色がありその色を生かす色もその逆になる色もあります。そんな中で自分の性格をそのままに無理矢理白や黒の型枠にはめようとすると自分に無理が生じ亀裂が入ってしまうのです。

私は即日審査のレディースローンを利用して田舎に来た時感じたことは、私が見ていない世界を見るためには私が変化しなければならないのだということでした。ずっと同じ場所にいては同じ景色しか見ることは出来ません。たまには目線を変えて別の方向を見てみるということも大切なのです。

Sticked

レディースローンを利用したキッカケのお話

私は生まれてすぐに体調を崩し両親には入院費用ばかりを払わせていました。会社を辞めるキッカケになったのも自分の持病のせいでしたが、両親は時に厳しく時に優しく一人娘の私を一生懸命育ててくれました。
しかし私の持病である喘息の原因は実家のある都会の環境によるものだということがわかり、私は単身田舎暮らしをすることに決めたのです。


<自分で生きるための投資として利用>

喘息自体が全ての原因という訳ではありませんが私は同時に鬱も患い1年程実家の部屋で仕事もせず引きこもりをしていました。親と会話はしますが何を話しているのか内容は全く覚えておらず今思えば何故あの部屋に閉じこもって泣いていたのかあまりわかりません。レディースローンを利用しようと思ったキッカケはあるホームページでした。女性専用で女性に優しく金利も安いと書いてあり即日審査可能とも書いてあったのです。私は自分の生活を変えるためにレディースローンを利用しようと思いました。


<レディースローンで自分を支える資金作り>

一人暮らしを始める資金として最初に必要なのは40万円以上と言われています。敷金礼金などアパートに入る際に必要なお金から生活に絶対必要な家電や3ヶ月分の公共料金代など色々合わせると40万円でギリギリとなってしまうのです。

レディースローンを組むと言うと最初は両親に大反対されましたが、私はアルバイトをしつつ田舎で療養しながら健康な暮らしをしたいのだと言うと賛成してくれました。自分の新しい毎日を作るためにレディースローンは一役買ってくれたのです。